キャッシングの総量規制、消費者金融と銀行の違い

近年、キャッシングはコンビニや銀行のATMで気軽にできるようになりました。
さらに、クレジットカードがあれば、一部のローンもクレジットカードの窓口で手続きができます。
しかし、キャッシングやローンを利用しようとする際に気にしなければならないのは総量規制です。
総量規制とは、個人の借入総額が年収の3分の1に制限される仕組みです。
総量の中に含まれるのは主にローンとキャッシングです。
もともと総量規制は個人が借金をしても、無理なく返済できるだろうという金額を想定して作られている基準であって、消費者と金融機関の双方にデメリットが生じないようにしているものです。
貸金業法で決められている基準ですから、大手の消費者金融や銀行の場合は、キャッシングやローンなどの借入金の情報が共有されており、総量規制をきっちり守っています。
しかし小規模な消費者金融などでは、非常に金利が高くなりますが総量規制対象外のローンを組むことも可能です。
ですからお金を借りられるかどうかは、利用する消費者金融の審査基準によって変わってくるのです。
しかし、規制対象外のローンを組むと、個人の返済が難しくなる可能性を考えて、あらかじめ消費者金融側が損をしないように利子を高めに設定しています。
個人としても、金額の上限が増える分、多くの利子を払わなくてはならなくなります。
ですから最初は銀行やカード会社のキャッシングなど、総量規制のある会社を利用しするようにすることをおすすめします。