無担保のキャッシングについて

金融機関でのローンの利用には保証人や担保が必要になりますが、その代わりとして多額のお金を融資してもらうことができます。融資をする立場になって考えてみた場合、融資をしたお金が戻ってこないといった事態は絶対に避けたいことです。そのため、金融機関側は万が一、ローンの利用者が返済が出来ない状態になってしまったときのことを考え、そのような事態になってしまったときに備えて保証人や担保と必要としているのです。ローンの利用者が返済が出来ない状況になってしまった場合、担保を売却したり、保証人に融資したお金の肩代わりをさせるためです。そのため、金融機関側は貸倒れのリスクを背負うことなく、安心して多額のお金を融資することができるのです。
それに対してキャッシングでは無担保・無保証人での融資を行っています。その分だけ申し込みの手続きや審査に掛かる時間は短縮されていますが、金融機関のような多額の融資を受けることはできません。なぜならば、キャッシングでは無担保・無保証人での融資を行っているため、貸倒れのリスクが常にあります。そのため、キャッシングの業者は金融機関のように多額の融資を行うことができないのです。
キャッシングでは無担保・無保証人での融資であるため、その利用にあたっては利用者自身の信用力が重視されることになります。信用力とは具体的には返済能力のことを指しますが、特に年収や職業に関しては審査の段階で念入りに調査が行われることになっています。