キャッシングを利用したときの返済と利率について

キャッシングは、個人向け無担保ローンの一種です。
このキャッシングは、以前は、消費者金融会社が主に行っていましたが、最近では、消費者金融以外にも、銀行や信用金庫、信販会社などの金融機関でも取り扱われるようになりました。
一般に、ローン契約会社から発行されたローンカードを用いて、ATMで借り入れや返済を行うことから、カードローンとも呼ばれています。

キャッシングの最大の特徴は、その使い勝手の良さにあります。
利用できるのは、毎月、安定して収入を得ている方であれば、サラリーマンなどの給与所得者には限られません。
パートで収入を得ている主婦の方や、アルバイトで生計を立てているフリーターの方でも十分利用可能です。
また、申し込み後に行われるローン審査のスピードが非常に速いため、申し込んでから、実際に利用可能となるまでに要する時間が大変短いです。申し込んだその日に、即日で借り入れを行うことも可能です。
さらに、ローン契約会社のATMだけでなく、提携する金融機関やコンビニのATMも利用できる点も魅力です。

その反面、キャッシングの利率(金利)は、他のローンと比べると高めに設定されています。借り入れ残高に利率をかけたものが利息となるため、利率が高いということは、利息の支払額が多くなるということです。
従って、キャッシングを利用するときには、できるだけ早期に返済できるように、事前に計画を立てておくことが望ましいです。